【地元愛。譲れない想い。】
海も山も酒も楽しめる!広島県東広島市編

Culture

2020.04.21

このシリーズ三番バッターはジゴワットの突撃隊長であり、広報・システム・何でも屋のセールス&マーケティング課の鈴木が生まれ故郷の広島県東広島市をご紹介いたします。

広島県東広島市は、広島県のおよそ中央に位置する人口20万人の学研都市です。
市内には広島大学の学部も総合移転しており、国内外から多くの学生が移り住む学生の街でもあります。
100円ショップのダイソーは、前社長が市内の西条という街で起業した会社で、今も本社を西条に構えて世界展開する企業になっています。

お酒好きにはたまらない! 煙突の街 西条

日本三大醸造地といえば、京都の伏見、兵庫の灘、そして広島の西条です。古くは江戸時代山陽道の宿場町四日市として栄えた西条は、米作りに適した酒米、中硬水である伏流水、醸造に最適な盆地特有の冬場の寒さが揃った街です。
街の中心部にある西条駅前から東西にはしる四日市街道沿いには8つの酒造会社が酒蔵を構えており、煙突の多い街としても有名です。

寒い冬、煙突からの酒造りの香りで街中溢れます

酒まつり

西条で毎年10月の連休の土日に開催される酒まつり。
私が子供の頃に始まったこの祭りは当初街の小さなイベントでしたが、年を重ねるごとに大きくなり、今では2日間で約20万人が街に訪れます。
町中が歩行者天国になり、瀬戸内のつまみを片手にお酒をのみながら、ブラスバンドやチンドン屋が街を賑やかします。
最近では、日本酒だけでなく海外のワインやお酒、それらにあうアテを特別価格で提供するお店もあったり、お酒好きの方にはたまらないイベントです。
酒まつりに来られる際は、ぜひ一泊し心ゆくまで楽しまれることをおススメします!

酒屋さんの前では、日本酒以外の洋酒や生ハムなどのアテが!

映画のロケ地にも

西条は2018 年映画のロケ地にもなりました。川栄李奈さんが主演して女性醸造家の役を演じる映画「恋のしずく」です。その年の酒まつりでは、東広島のゆるキャラ「のん太」とのコラボ升も配布されていました。

恋のしずくとのん太のコラボ升、賀茂鶴酒造の酒蔵と煙突

海の幸も山の幸も!1年を通じてグルメに過ごす

東広島市には山も海もあり、1年を通して美味しいもので溢れています。
発祥800年に遡る西条柿、漁師町安芸津の牡蠣とじゃがいも、西条のお酒を使った蔵人の賄い食「美酒鍋(びしゅなべ)」など、多くの特産品があります。

安芸津港の秋空、牡蠣の養殖の準備

美酒鍋は西条町に古くから伝わる、酒蔵の蔵人のまかない料理です。
ニンニクと鶏、豚、砂ずり3種のお肉を塩胡椒でシンプルに炒め、白菜、玉ねぎ、ピーマンなどの野菜を加え清酒で煮込みます。
杜氏のもとで酒造りに取り組む蔵人たちの、利き酒する繊細な舌に影響が出ない様に、砂糖や醤油の調味料を使わないスタイルになったとも言われています。

西条盆踊り

昭和4年に幕を開け、当時西日本最大級の規模を誇った西条盆踊り。規模は縮小したものの、保存会や地域の方々の活動によって受け継がれ、毎年お盆休みに開催されています。
西条駅北側の御建(みたて)グラウンドを開放して行われるイベントでは、夕方早くから地元の雄志が集まり、屋台がでて浴衣姿の人達で賑わいます。私も、毎年水ヨーヨーや的屋ゾーン担当として、設営から撤去まで飲みながら食べながらイベントを盛り上げています。

参加者みんなで踊る盆踊りが終わると、ホームベース付近から花火が打ち上げられフィナーレを迎えます。
毎年、盆踊り翌朝の片付けに参加すると、夏の終わりを感じるとともに、秋の訪れを感じます。

櫓―やぐらの比較 左: 1959 年(昭和34 年) 右: 2017 年(平成29 年)
後方にはバックスクリーン

最後に

高校卒業後地元を出て国内外を飛び廻り、今はご縁があって大阪で仕事をしていますが、今でも2〜3 ヶ月に一度は家族で帰省しており、いつもリフレッシュさせてくれる街と家族には感謝しています。
東広島は県の中央に位置していることもあり、広島市内まで電車で30分程の好立地にあります。宮島、MAZDA スタジアム(広島カープの本拠地)、呉の大和ミュージアムなど多くの観光スポットにも近いので、西条を起点に訪れてみてはいかがでしょうか?

呉の桜と瀬戸内海 / 深紅に染まるMAZDA スタジアム / 厳島神社の大鳥居 執筆者撮影

広島・せとうち観光やデジタルマーケティングのご相談は、私熱血・鈴木までお問い合わせください!

ジゴワット 大阪 TEL 06-6241-5501

お気軽にお問い合わせください。

CONTACT