展示会にかわるプロモーションとは?

昨今の状況を鑑み、のきなみ展示会・イベントは開催延期や中止が決定されています。
BtoBマーケティングにおいて、展示会は見込み客(リード)を獲得するための有効な一つの施策です。代替手段を考えなければ今後の案件創出が困難になっていくと想像できます。
では、その他にはどんな方法があり、どんなことを準備していかないといけないのでしょうか?

Withコロナ下のプロモーションを考える!展示会以外の方法とは?

オンラインイベント

東京ビッグサイトなどにおいてリアルで行なっていたビジネスイベントをオンラインで開催する手法です。

BtoBのオンラインイベントには、大きく分けて「バーチャル展示会(オンライン展示会)」と「ライブ配信」の2種類あります。

バーチャル展示会(オンライン展示会)では、出展予定だった自社イベントや展示会の内容をWebサイト内で展開します。リアルの場で行われていた製品紹介やセミナー、商談なども、コンテンツを組み合わせたり、ツールを使ったりすることによって実現が可能です。

ライブ配信には、カンファレンス、学会、株主総会やリクルートイベントなどがあり、セッションやコミュニケーションをオンラインで行います。数千人、数万人が参加する大規模なものから、数十人クラスのものまで様々です。安定した配信インフラの選定・運用が鍵となります。

【オンラインで行うメリット】

  • 事前登録をしてもらうことで、来場者の情報(リード)を取ることができる
  • ターゲットや来場者を絞ったイベントを開催することが可能
  • リアルのイベントでは難しい、競合排除を行うことができる
  • 開催期間中なら、どこにいてもいつでも参加できる
  • 都市や地方との距離がなくなり移動時間を短縮できるので、主催者も来場者も双方に肉体的な疲労や交通費などの出費を軽減できる

これからは、実際にリアルの展示会に来られないお客様にはオンラインイベントに誘致し製品・サービスを訴求するというように、イベントはリアルとオンラインを組み合わせ、ハイブリットで開催することがニューノーマルになるでしょう。

Web広告

WEB広告とは、インターネット上の広告枠を持つサイトやメール、アプリ、SNSなどに掲載される広告のことです。

その媒体の種類や配信方法は多岐に渡ります。例えば、検索エンジンの検索結果ページで、検索キーワードに対応した内容の広告が表示される「検索連動型広告」や、ユーザーそれぞれの過去の検索サイト閲覧履歴から特性を推測しカテゴライズし、そのデータに基づきユーザーにバナーを表示することができる「ディスプレイ広告」などがあります。

広告の閲覧回数やクリック数など、数値で結果を分析できるため効果測定がしやすいことが特徴です。
広告を出すタイミングやキーワードなど自由に設計(カスタマイズ)できます。細かいターゲティングも可能で、自社が狙っている業界や属性に絞ってニーズやウォンツの高いユーザーにだけ広告を出稿できることも魅力のひとつです。

ウェビナー

ウェビナーとは「ウェブ」と「セミナー」を組み合わせた造語で、オンライン上で実施されるセミナーのことです。

場所や距離に関わらず顧客と接点を持つことができ、質問やコメントを双方向に交わすことができるのが特徴です。上記で述べたライブ配信のひとつですが、小規模であれば比較的容易に始められるため、ウェビナーのみを行われることも多々あります。

ウェビナーを実施するためのツールには、有名なもので「zoom」や「コクリポ」などがあります。

映像制作/配信

デジタルマーケティングが主流となった昨今、映像コンテンツも効果的なプロモーションの1つです。

企業のウェブサイトでも数多くの映像コンテンツが見受けられます。
文章や写真だけでは伝えることが難しいような、企業の特徴や製品を直感的に伝えることのできる映像は、今後さらに活用されるでしょう。

Youtubeなどのプラットフォームを使って配信し、SNSなどで拡散をはかることも可能です。

プロモーション方法を決めるまでに準備すること

1.目的や主旨を明確にする

どのプロモーション施策を打つとしても、目的や主旨が明確でないとモチベーションの向上や具体的な改善策を構築できず十分な効果を得ることができません。

2.予算の検討

どんなことをしたいかにより予算は変わってきますが、まずはどの程度の予算を確保できるのかを検討しましょう。逆にいうと、予算によりできることが限られてきます。

3.KPIを設定する

目的を達成する上で、その評価指数を定めることは重要です。KPIを設定することで、必然的に何をしなければいけないかが明確になります。

まとめ

刻々と状況が変わるコロナ禍において、展示会も徐々に開催される方向に向かってはいるものの、以前とまったく同じ状態、状況には戻らないと言われています。

「展示会に代わる」という視点だけでなく、全社のマーケティング施策の中のひとつとしてそのプロモーションを捉え、オンラインの良さである数字での効果測定でより良く改善しつつ、リアルとのハイブリッドな施策を模索していくことが今後のプロモーションには必要ではないでしょうか。

ウェビナーやWeb広告、映像などはデジタルマーケティングの観点からも役立つコンテンツですので、「リードの獲得」「案件創出」に貢献する手段として活用されることをお勧めします。

弊社では長年BtoBマーケティングをご支援してきたノウハウを用いて、リアルとデジタルを組み合わせたイベント企画から運営実施、集客までサポートし、マーケティング施策のお手伝いをいたします。
バーチャル展示会など今回ご紹介したプロモーションに関しては、すでに実績もございますので、お気軽に下記担当までご相談ください!

株式会社ジゴワット 東京 担当:佐藤/菅野 大阪 担当:一前/合田/長崎
ジゴワットオンラインイベントサービス

お気軽にお問い合わせください。

CONTACT