SEOに効く!ユーザーファーストなWebサイトにするための改善ヒント集

Web

2019.11.22

最近「○○ファースト」という言葉をよく耳にしませんか?○○を第一に考える、○○を最優先するという意味です。
Webにおいては、数年前までは「モバイルファースト」という言葉が流行りましたが、現在ではGoogleがサイトの評価基準として概念を提示した「ユーザーファースト」が重視されています。

ユーザーファーストなWebサイトとは?

ユーザーファーストのWebサイトとは、ユーザー第一主義、ユーザーを最優先・重要視した、ユーザーのためになる、良質なコンテンツがわかりやすく掲載されストレスなく使えるWebサイトと言えます。
ユーザーの要望のすべてを聞き入れているわけではなく、ユーザーにとって本当に良いことは何かを考え、本質的な解に導くこと等がユーザーファーストにつながります。

ユーザーファーストなWebサイトにするとどうなる?

ユーザーファーストなWebサイトは、使いやすさやわかりやすさを重視しているので、UXやユーザビリティに優れたWebサイトであると言えるでしょう。UXやユーザビリティに優れていると、満足度やロイヤリティが高まりブランディングにも影響します。
また必要な情報にたどり着きやすい構造であり、情報が整理されていると、SEO施策としても有効です。
実際のビジネスにおいても、ユーザーファーストの概念を徹底させたことにより結果を出されている企業もあります。

・一休.com IT Search+:ユーザーファーストを徹底追求! 「当然」として浸透する一休の価値観

・クックパッド Think IT:クックパッド流「ユーザーファースト」の秘訣について聞いてみました

ではどのようにすればユーザーファーストなWebサイトになるか、改善するためのヒントをご紹介します。

改善ヒント1:Googleはユーザーにどのように思われたいかを考える

ユーザーにとって最適な検索結果を表示することを常に考えているGoogle。逆に言うと、Googleは、ユーザーが求めている情報とは異なる検索結果を表示してがっかりされたり、幻滅されたりすることを嫌います。
ユーザーは検索結果に表示されたWebサイト先に求めている情報がない場合、または使いづらいWebサイトであったりした場合、そのWebサイトに対してだけでなく、表示・紹介したGoogleに対しても「なんだよ使えねー」と思いかねません。
だからユーザーの意図を正確に把握しニーズにぴったり一致するものや、有益な情報が掲載されているWebサイトを結果として返し、ユーザーに「そうそう、これを探していたの!(やるじゃん、ありがとうGoogle)」と思ってもらえるよう、Googleは日々研究しアルゴリズムを改良し続けているのです。

検索エンジンはWebサイトのためにあるのではなく、ユーザーのためにある。それが理解できれば、Googleが検索結果において何を上位に表示させたいか、なぜユーザーファーストなWebサイトを推奨しているのか、わかりますよね。
昨今のSEO(検索エンジン最適化)対策が「コンテンツ重視」と言われる所以です。

改善ヒント2:Webサイトはプル型のプロモーション

Webサイトは誰のためのものでしょうか。
BtoBサイトは企業の利益に貢献するためのツールのひとつであることから、会社のためのもの、と思われがちです。しかしニーズのない情報を発信していたとしても、会社の利益に貢献しているでしょうか?

ユーザーはなんらかの目的を持って、自ら情報を検索・収集し、能動的行動によりWebサイトを訪れます。従来のCMや雑誌広告などは不特定多数の人に企業側が伝えたいことを知らせる「プッシュ型」のプロモーションですが、Webコンテンツは知りたいことを探した特定のユーザーがたどり着く「プル型」のプロモーションです。Webコンテンツを作るうえで、このことを理解していることは非常に重要です。ユーザーのためになる情報を掲載することが、結局は会社の利益に貢献することにつながるのです。

改善ヒント3:損して得とれ!

ノウハウや情報を競合他社に知られたくないという企業は多数あります。ですがユーザーにとって必要で有益な情報は、機密情報ではないなら公開・提供してみましょう。はじめは損しているように思うかもしれませんが、ユーザーが満足できるような良質なWebコンテンツがあると、その技術を導入したいと検討している企業からのアクセスがあるかもしれません。そして継続して積み重ねていくと、やがて「信頼貯金」が貯まり、ロイヤリティに影響します。SEOにも効果的です。

弊社も、制作実績で展示会デザイン事例などをたくさん公開しています。競合他社からのアクセスも多数ありますが、顧客や顧客となりうる方たちの信頼を得ることができる等、そのメリットの方がはるかに大きいです。

改善ヒント4:データを活用する

何がユーザーにとって有益か、ユーザーが知りたいことは何かということを「なんとなく」や感覚だけで掴んでいませんか?
客観的に立証できるデータを活用すると、ユーザーによかれと思っていた施策が実は間違っていた、ということもあります。
改善策の効果を計るためにも、データを有効利用しましょう。

まとめ

ユーザーファーストなWebサイトにすることは、難しく特別なことではありません。
Webサイトの役割を正しく理解し、ユーザーに分かりやすく、使いやすいように構築し、「作って終わり」ではなく解析・改善策実装・効果検証というPDCAを回し、ユーザー視点で積み重ねていくことが大事です。

弊社ではきちんと設計・構築し、顧客とユーザーのどちらにも満足していただけるWebサイトを作るよう心がけております。運用・マーケティングについてもお手伝いいたします。お気軽にご相談ください。

株式会社ジゴワット TEL:06-6241-5501
担当:田中、中川

お気軽にお問い合わせください。

CONTACT