タグラインって何?キャッチコピーとの違いとは?

tagline

タグラインとキャッチコピーはその企業、そのサービスをあらわす言葉として、ブランディングには欠かせない存在です。
ただ、その違いはわかりづらく、実際に使われているタグラインやキャッチコピーを見てそれがどちらに当たるのか判断しづらいものもあります。
そんなタグラインとキャッチコピーについて整理しました。

タグラインとは?

タグラインとは、「その企業のコンセプトや理念を表したり、その企業や製品、サービスがどんな価値を提供しているか」を端的にあらわす言葉です。ユーザーにひとめでわかってもらえる、企業/サービスをあらわす役割を果たしています。
企業はどんな想いをもっているのか?価値を提供することでユーザーからどんな共感を得られるか?ということや、コーポレート・アイデンティティ(CI)を表すものとされています。そのためか、通常、タグラインは企業や製品のロゴマークに隣接しています。

タグライン例

  • うまいすしを、 腹一杯。(スシロー)
  • Connect with Innovation(住友電工グループ)
  • カガクでネガイをカナエル会社(カネカ)
  • ココロも満タンに(コスモ石油)
  • NO MUSIC, NO LIFE.(タワーレコード)

どれも秀逸ですね。スシローやカネカのタグラインは、これ作ったひと天才じゃないかと思っちゃいます。

キャッチコピーとは

キャッチコピーとは、「消費者の心を強くとらえる効果をねらった印象的な宣伝文句」(三省堂 大辞林)とのこと。イメージ広告において特徴をうまく伝え、主に商品の認知度をあげたり、記憶に残したりすることを目的としています。

「キャッチコピー」は和製英語であり、英語では単に「copy」。日本語のキャッチコピーと呼ぶものは、本来の英語では「sales copy」や「slogan」「advertising slogan」にあたると言われています。

またタグラインは端的に表現され不変的で長く使われることに対し、キャッチコピーは同じ製品/商品でも時期や季節、ターゲット、キャンペーンなどによって変わることもあるし、1行の短い表現だけでなく長い文章のものもあります。

キャッチコピー例

  • 一目で義理とわかるチョコ(ブラックサンダー ※バレンタインデーシーズン)
  • そうだ、京都に行こう(JR東海)
  • きれいなお姉さんは、好きですか?(松下電工 ※現パナソニック)
  • このままじゃ、私、可愛いだけだ(朝日新聞 ※女子高生に向けて)
  • こどもといっしょにどこいこう(ホンダ ステップワゴン)

良いキャッチコピーは年月を経て見ても良いですね。

ちなみに「キャッチフレーズ」は和製英語ではなく「catchphrase」という英語があります。「人の心をとらえるように工夫された印象の強い文句」(三省堂 大辞林)で、特定の人・集団が掲げる標語や印象的なセリフなどを表すフレーズを指します。

タグラインとキャッチコピーの違い

どちらも宣伝目的ですが、タグラインは不変的でコアなもので、キャッチコピーは時代やキャンペーンによってフレキシブルに変化するもの。
ただし、英語でタグラインは「tagline」、キャッチコピーは「slogan」で、映画、小説やドラマのキャッチコピーを「tagline」と言う以外は、それらは言い換えられるほど違いは些細だと言われています。
たしかに、ナイキの「Just do it」やマクドナルドの「I’m lovin’ it」などは、どちらとも言えますよね。
上記で取り上げた「うまいすしを、 腹一杯。」というスシローのタグラインも、キャッチコピーだと言われてもおかしくありません。

まとめ

タグライン → tagline (主にロゴの近隣にある。不変的。映画などのキャッチコピーも)
キャッチコピー → slogan(ターゲットや時期により変わることもある。1文、1行程度のものから、数行にわたる物まで形式は様々。)
tagline ≒ slogan

今まで、「キャッチコピー」と紹介されているものでも「これはタグラインじゃないか?」と思ったり、その逆もあったり。なかなか自分でもはっきり線引きできませんでした。
調べると、日本語の「タグライン」と「キャッチコピー」には似て非なる意味があれど、和製英語「キャッチコピー」は英語ではtaglineともsloganとも言えるややこしさ。またその違いは微々たる差で曖昧なものだとわかり、なるほどなと納得できました。

作られたものをどちらか判断するのは難しくても、自身が作るときには「これはタグラインか、キャッチコピーか」を意識し、使い分けたいですね。

お気軽にお問い合わせください。

CONTACT